【WordPress】WEBサイトを簡単に丸ごとバックアップ出来る「UpdraftPlus - Backup/Restore」プラグイン!

   



定期的にWEBサイトのバックアップは取っていますでしょうか?
バックアップを取っておかないと、何かトラブルが発生したときに復元する事が出来ないため、非常に困った事になってしまいます。

WordPress用の「UpdraftPlus - Backup/Restore」というプラグインを使えば、WEBサイトを簡単に丸ごとバックアップする事ができます。
定期的にバックアップを取っておき、非常事態に備えておきましょう。

本記事の説明は、updraftplusのプラグイン(Ver1.12.15)を使用しています。

Ⅰ.UpdraftPlusとは

WordPress用のプラグインで、WEBサイトのバックアップを簡単に行う事が出来ます。
手動によるバックアップの他、スケジュール指定をして定期的にバックアップを行う機能もあるようです。

有料での機能追加を行う事も出来るようですが、無料の機能だけでも十分すぎるほど高機能だと思います。

Ⅱ.インストール方法

管理画面の、プラグイン⇒新規追加

検索窓に「UpdraftPlus」と入力。

「今すぐインストール」をクリックでインストールして、「有効化」をクリック。

Ⅲ.バックアップ方法

管理画面の、設定⇒UpdraftPlus Backupをクリック。

updraftplus_1
Backup Nowをクリック

updraftplus_2
include the database in the backup
include the files in the backup
のチェックを付け、「…」をクリックすると・・・

updraftplus_3
下側に詳細が表示されるので、他にバックアップしたい項目にもチェックを付けて、「Backup Now」をクリック。

updraftplus_4
バックアップが開始されます。Backups in progress: の項目にバックアップの進捗状態が表示されるので、終わるまでしばらく待ちます。

updraftplus_5
バックアップが完了すると、Last log message に、バックアップが完了したとメッセージが表示されます。

updraftplus_6
バックアップしたデータを、ローカルPCにダウンロードしておきます。
Existing Backupsのタブをクリックします。

updraftplus_7
Backup data(click to download)のところに、「Database」、「Plugins」、[Themes]等、バックアップした項目のボタンが表示されます。
まずは「Database」をクリックしてみました。
上部にメッセージが表示されたら、そこにある「Download to your computer」のボタンをクリックするとローカルPCにファイルがダウンロードされます。

updraftplus_8
同様に、プラグインや、テーマなどもダウンロードします。

以上で完了です。

まとめ

「updraftplus」プラグインを使うと、WordPressのバックアップ&復元が簡単に行えます。
定期的にバックアップして、トラブルに備えたいですね。

 - WordPress , , ,