【WordPress】タブキーでインデントできるようにする「Tabs in Post Editor」プラグインの紹介

      2017/06/05



今回は、WordPressの記事編集時にタブキーでインデントを使用できるようになるプラグイン「Tabs in Post Editor」を紹介します。

Tabs in Post Editor

WordPressの投稿の編集時にタブ(TAB)キーを使いたいところですが、デフォルトではタブキーでインデントをつけることができません。

インデントがあると編集時に記事が見やすくなりますので、私は出来るだけインデントを付けるようにしています。

スペースキーなどで間隔を空けることもできないことはないですが、やっぱり不便です。

ということで今回紹介するのが「Tabs in Post Editor」というプラグインです。

この「Tabs in Post Editor」をインストールすれば、タブキーでインデントができるようになります。
インストールだけで簡単に使用できますよ。

 

インストール方法

インストール方法は、プラグインの新規追加で「Tabs in Post Editor」を検索して、インストールするだけです。

 

使い方

インストールだけで、特に設定などは必要ありません。

投稿の編集画面のエディタ上でTabキーを押せばインデントが挿入されるようになります。

ちなみにインデントは「ビジュアル」モードだと動作せず、「テキスト」モードでしか利用できないようです。

あと、入力をやり直ししたいときに「Ctrl+z」キーを押しても、正しく元に戻ってくれないようでした。

私の環境だけかもしれませんが。

まとめ

今回は、WordPressのテキストモードで、TABキーでインデントを付ける事ができるプラグイン「Tabs in Post Editor」を紹介しました。

ビジュアルモードで編集する方には使用できませんが、テキストモードで編集している方にはおすすめかと思います。

できたらわざわざプラグインをインストールしなくても、タブキーでインデントできるといいんですけどね。

 - WordPress