【WordPress】お問い合わせフォームにreCAPTCHAを設置

   


reCAPTCHAはGoogleの提供するサービスで、問い合わせフォーム等でBOTからのスパム攻撃を防ぐことができます。

CAPTCHAとは、訪問者がボットでないことを確認するために使われる仕組みです。

たとえば、画像に表示された数字や文字を手入力させたりするものもありますが、訪問者からすると毎回手入力させられるとかなり面倒に感じると思います。

GoogleのreCAPTCHAは、それらよりもかなりシンプルなのでおすすめです。

以下のように「私はロボットではありません」のチェックを入力するだけのものや、自動で判定できるものもあるようです。

導入は、それほど難しくはないとおもいます。

 
reCAPTCHAの設置については、Contact Form 7 プラグインを使っている事を前提に解説しています。
Contact Form 7プラグインをまだ導入していない方は、先にこちらの記事を読まれる事をお勧めします。

reCAPTCHAの概要

reCAPTCHA を導入するためには、reCAPTCHA APIというのを使用します。

まず、reCAPTCHA の公式ページでサイトを登録する必要があります。Googleアカウントが必要になります。

Google の reCAPTCHA 管理ページにアクセスしましょう。
https://www.google.com/recaptcha/admin#list

reCAPTCHAには、3種類のタイプを選択できます。

 

・reCAPCHA V2
このオプションは、ユーザーがロボットではないことを示すチェックボックスをクリックさせて、訪問者がボットでないことを確認させることができます。

・Invisible reCAPCHA
自動で、訪問者がボットでないことを確認させることができるようです。
過去のサイトのサクセス履歴などを元にして、訪問者がボットでないことを確認するらしいです。
私は使ったことがありませんので、解説は省略します。

・reCAPTCHA Android
Android モバイル用?
私は使ったことがありませんので、解説は省略します。

 

reCAPCHA V2の登録方法

サイトキーと、シークレットキーの取得方法

reCAPCHA V2 でのサイトキーと、シークレットキーの取得方法です。

Label: 識別するための任意のラベルを入力します。

Choose the type of reCAPTCHA: 「reCAPTCHA V2」を選択します。

Domains: 使用するドメインを記載します。1行あたり1ドメインです。

「Send alerts to owners」は、誤った設定エラーや疑わしいトラフィックの増加など、Googleがサイトの問題を検出した場合にアラートを取得するとの事。

利用規約を読んで同意したら、「Accept the reCAPTCHA Terms of Service.」にチェックを入れましょう。

設定したら、「Resister」をクリック。

Site Keyと Secret Keyが表示されているところを探してコピーします。
 

取得したサイトキーとシークレットキーを設定

Contact Form 7のインテグレーションに、コピーしたSite Keyと、Secret Keyをペーストします。

Contact Form 7プラグインをインストールしていれば、「お問い合わせ」メニューに「インテグレーション」の項目があります。

そこで、「キーを設定する」をクリックし、サイトキーとシークレットキーをそれぞれペーストします。

 

reCAPTCHAのショートコードをコピーして、コンタクトフォームに貼り付け

コンタクトフォームを開いて、reCAPTCHAを挿入したい個所を選択した状態で、「reCAPTCHA」ボタンをクリック。

以下のような画面が表示されます。

サイズ、テーマ、ID属性、クラス属性を設定して、タグを挿入しましょう。
 

まとめ

今回は、reCAPTCHAについて紹介しました。
Contact Form 7プラグインでお問い合わせフォーム等を作っている方は、reCAPCHAも簡単に設置することができます。
コンタクトフォームプラグインを使っていない方は、この機会に検討されてみてはいかがでしょうか。

 - WordPress ,