【WordPress】画像等をフォルダ毎に分けて管理できる「Media File Manager」プラグイン

      2017/06/06



今回は、WordPressで画像などのメディアをフォルダ毎に分けて管理する事ができるプラグイン「Media File Manager」を紹介します。

Media File Manager

WordPressのメディアライブラリの機能には、デフォルトではフォルダで分類することができないので管理がしづらいです。
画像が少ないときは問題無いかもしれませんが、メディアライブラリの画像が増えてくると記事に挿入したい画像を探すときに時間が掛かってしまい、とても効率が悪くなってしまいます。

そこで今回紹介するのが、メディアライブラリを拡張できるプラグイン
「Media File Manager」です。

この「Media File Manager」を使うと、画像をフォルダ毎に分けて管理できるようになります。
目的毎に画像を分類したりできるようになるので、とても便利です。

私の場合は、
・アイキャッチ用として使用する画像
・サムネイル用として使用する画像
・ヘッダ画像として使用する画像
など、目的毎にカテゴリで分けています。

記事に画像を挿入する際に、フォルダで絞り込めるようになるので、画像を探すのが楽になりました。

インストール方法

インストール方法は、プラグインの新規追加で「Media File Manager」を検索して、インストールするだけです。

使い方

プラグインのインストールが完了すると、メディアのメニュー項目に「Media File Manager」が追加されます。

「Media File Manager」をクリックすると、左側と右側の両方にフォルダ構造のツリービューが表示されています。

この両方のツリービューを使用して一方のビューから逆側のビューに、ファイルかフォルダを選択して移動ができます。

 

ファイル、フォルダの移動だけでなく、フォルダの作成、フォルダの削除や、ファイル名の変更といった事もこのビューで行えます。

画像の記事への挿入は、今までは「メディアを追加」のボタンで行っていたと思います。

プラグインをインストールすると、投稿画面に「Media-Selector」というボタンが追加されています。

 

「Media-Selector」を使うと、Media File Managerの画面で作成したフォルダで画像を絞り込みできるので、挿入したい画像を探すのが楽になります。

「Media-Selector」のボタンをクリックすると、画像を選択する画面が表示されます。

Directory: の項目でフォルダを選択して絞り込めます。

まとめ

今回は、WordPressでメディアライブラリの機能を拡張できるプラグイン「Media File Manager」を紹介しました。
デフォルトでは不便なメディアライブラリも、プラグインを利用することで使いやすくなります。
メディアファイルをフォルダ分けして管理したい方は使ってみてはいかがでしょうか。

 - WordPress