【WordPress】記事を簡単に複製して作成できる「Duplicate Post」プラグイン

   



今回は、記事を簡単に複製して作成できるようになるプラグイン「Duplicate Post」を紹介します。

Duplicate Post

WordPressで投稿ページや固定ページの記事を作成するとき、一から作成すると時間が掛かってしまいます。

似たような記事をすでに書いたことがある場合には、その記事を複製して書きたいと思いませんか?

そうすれば、一から記事を書くよりもずっと早く作成できますよね。

ですが、残念ながらWordPressには記事を複製する機能はデフォルトにはありません。

そこで今回紹介するのが「Duplicate Post」というプラグインです。

このプラグインをインストールすると、投稿ページや固定ページの「複製」と、「下書きして複製」が出来るようになります。

記事を短時間で書けるようになりたい方におすすめのプラグインです。

 

インストール方法

プラグインの新規追加で「Duplicate Post」を検索。インストールして有効化しましょう。

 

使い方

プラグインを有効化すると、投稿ページと固定ページの一覧に、「複製」と「新規下書き」が追加されています。

 

「複製」も「新規下書き」のどちらでも、選択した記事を複製できます。

「複製」だと、記事を複製した後、投稿ページのままですが、
「新規下書き」だと、複製した後に投稿ページから編集ページに遷移するので、そのまま記事の編集が出来ます。

複製したあとにすぐ編集するのであれば「新規下書き」を使うと良いと思います。

また、記事を表示している状態だと「新規下書きとして複製」からも複製する事ができます。

まとめ

WordPressで、投稿ページと固定ページの記事を簡単に複製する事ができるプラグイン「Duplicate Post」を紹介しました。

一から記事を作成すると、アイキャッチ画像やらカテゴリーやら色々設定しないといけない項目があり面倒ですが、似た記事を沢山作成する場合にはその辺を省略できるので大変助かります。

記事を作成する時間を短縮して、効率化しましょう。

 - WordPress