【WordPress】管理画面で記事をツリー形式で表示できる「CMS Tree Page View」プラグイン

      2017/06/06



今回は、WordPressの投稿ページや固定ページの管理画面をツリービューで階層構造で表示できるようになるプラグイン「CMS Tree Page View」を紹介します。

CMS Tree Page View

WordPressの投稿ページや固定ページの記事が増えていくと、記事の管理が大変になってきます。

カテゴリに親子関係をつける事はできるので、カテゴリを作って分類する事は出来ます。

ですが、管理画面の投稿一覧や固定ページ一覧で、カテゴリごとに分類した記事をツリー形式で表示することはできないので不便に感じます。

管理画面で記事をツリー形式で表示できると、記事ごとの親子関係が一目で分かるのでとても便利です。

そこで今回紹介するのが「CMS Tree Page View」というプラグインです。

このプラグインをインストールすると、投稿ページや固定ページをツリービューで表示できるようになります。また、ダッシュボードに表示することもできます。

 

インストール方法

インストール方法は、プラグインの新規追加で「CMS Tree Page View」を検索して、インストールするだけです。

 

使い方

プラグインをインストールすると、以下のように設定用のメニュー項目が追加されます。

 
投稿ページ用と、固定ページ用の設定があるので、必要に応じて設定を変えてください。

私の場合は、投稿ページも固定ページもツリー表示できた方が便利なので、ともにチェックを付けています。

 
設定画面で「メニュー内」のチェックを付けると、以下のようにメニューに「ツリー表示」が追加されています。

 
投稿ページのツリー表示は、以下のような感じです。

ツリー表示上にカーソルをホバーすると、以下のようなポップアップが表示されます。
記事を編集したり、指定したカテゴリに記事を追加することもできます。

まとめ

WordPressの管理画面で、投稿ページと固定ページをツリー形式で表示できるプラグイン「CMS Tree Page View」を紹介しました。

ツリー表示できるだけで、記事ごとの親子関係が一目で分かるようになります。

記事が増えていったら、使ってみてはいかがでしょうか。

 - WordPress ,