【WordPress】コードの編集がとても楽になるエディタプラグイン「Advanced Code Editor」

   



WordPressでデフォルトのエディタは、PHPやjavascriptなどのコードの編集が使いづらいと感じています。
「Advanced Code Editor」プラグインを使うと、そのコード編集がとても楽になります。
それだけでも十分にありがたいのですが、さらにこのプラグインは、コードのバックアップや、ハイライト機能などもあるのでお勧めです!

Show Current Template

インストールや設定方法は、とても簡単です。

インストール方法

インストール方法ですが、プラグインの新規追加で「Advanced Code Editor」と検索してください。

使い方

通常のテーマの編集の操作と同様に

外観 > テーマの編集

と選択して、コード編集画面を表示させます。

 
プラグインをインストールしたことで、この編集画面が、以下のように変わっているはずです。

 
プルダウンメニューの「エディタのテーマを変更」で、外観を変更することもできます。
コードのハイライトも、選択したテーマごとに変わるので、見やすいものを選んでください。
以下のスクリーンキャプチャは"rubyblue"を選択した場合です。
個人的には、この色が見やすくて好きです。

また、メニューには、以下のようなボタンがあります。

Search 検索
Replace 置換
Jump ジャンプ
Full Screen Editor フルスクリーンエディタ
Save Changes 変更内容を保存
Comment Out コメントアウト
UnComment コメント解除
Auto Format 自動フォーマット
Create New File 新しいファイルを作成する
Delete Current File 現在のファイルを削除
Create New Directory 新しいディレクトリを作成する
Toggle File Tree ファイルツリーを切り替える
Editor Setting エディタの設定
Commit Version コミット
Restore Version バージョンの復元
Help ヘルプ
About このプラグインについて
Download File ファイルをダウンロード
Download Theme テーマをダウンロード

私が特に便利だと感じているのが、テーマをダウンロード機能です。
「Download Theme」のボタンを押すだけで、簡単にバックアップできます。
テーマ単位で簡単にバックアップできるので、とても重宝してます。

検索や置換なども、デフォルトのものに比べると、使い勝手が良いです。

まとめ

今回は、コードの編集がとても便利になるプラグイン「Advanced Code Editor」をご紹介しました。
とても便利なプラグインなので、ぜひ皆さんも使ってみてくださいね。

 - WordPress