【PHP】連想配列とJSONデータの変換方法

      2016/08/15

JSONとは、JavaScriptオブジェクトの表記法を応用したデータの形式の事です。

PHPにて、
・json_encode関数を使用して、連想配列からJSONデータへの変換
・json_decode関数を使用して、JSONデータから連想配列への変換
を行う方法について、サンプルコードをメモとして記載しています。

また、json_encode関数にてJSON_PRETTY_PRINTをパラメータに渡すと、簡単に整形された形で出力できるので便利です。

連想配列とJSONデータの変換

PHPの連想配列⇒JSON形式の文字列データに変換

(PHPコード)
		<?php
			$arraydata = array(
			    "x"=>1,
			    "y"=>2,
			    "z"=>3
			);
			$json_str = json_encode($arraydata);
			print_r($json_str);
		?>
		
(実行結果)
			{"x":1,"y":2,"z":3}
		

インデントのついた整形した形で出力

json_encode関数のパラメータに、JSON_PRETTY_PRINTを指定するだけで、整形して出力できます。
※PHPのバージョンが5.4以降から可能

(PHPコード)
				$json_str = json_encode($arraydata,JSON_PRETTY_PRINT);
			
(実行結果)
				{
				    "x": 1,
				    "y": 2,
				    "z": 3
				}
			

JSON形式の文字列データ⇒PHPの連想配列に変換

(PHPコード)
		<?php
			$json_str = {"x":1,"y":2,"z":3};
			
			$arraydata = json_decode($json_str);
			print_r($arraydata);
		?>
		
(実行結果)
			stdClass Object
			(
			    [x] => 1
			    [y] => 2
			    [z] => 3
			)
		

 - PHP , , , , ,