Live2Dを利用した効率の良いイラストのアニメーション作成方法

      2016/08/15

描いたイラストをアニメーションさせたいと思い、良い方法がないか調べていたところ、
『Live2D』という便利なソフトが見つかりました。
ソフトの概要やインストールの手順、使用方法をご紹介します。

I.『Live2D Cubism Editor』について

Live2D Cubism Editorを使用すると、photoshopやillustrator等で作成したラスタ画像にアニメーションを付ける事ができ、
GIFアニメや、動画を作成することが出来ます。

下の画像は、Live2Dの入門チュートリアル用のサンプルデータをGIF形式で出力したGIFアニメです。
2Dのイラストがこのように滑らかにアニメーションするのは面白いですね。
Live2d_simpleGif

Live2D Cubism Editorには、
・モデリングを行うための ツール「Cubism Editor Modeler」
・モーションを付けるためのツール「Cubism Editor Animator」
があります。

手順としては、
Modelerでイラストを元に2Dモデルデータを作成

モデルデータにAnimatorでアニメーションを付けて、アニメーションGIFや動画を出力
という流れになります。

Ⅱ.ダウンロード方法

2016.6.20現在の最新バージョンは、
[2016/05/24] 2.1.12_1
です。

Windows版とMac版があるようです。
以下のサイトからダウンロードできます。

http://sites.cybernoids.jp/cubism-editor2/download

Ⅲ.インストール方法と起動方法

ダウンロードした「Live2D_Cubism_Setup_2.1.12_1_jp.exe」からインストールします。

インストールが完了すると、デスクトップに以下4つのアイコンが作成されました。
・Live2D Cubism Modeler 2.1_32
・Live2D Cubism Modeler 2.1_64
・Live2D Cubism Animator 2.1_32
・Live2D Cubism Animator 2.1_64

ModelerとAnimator、それぞれに32ビット用と64ビット用がありますので、その中から実行したいものを起動します。

まとめ

今回、Live2Dについての紹介と、インストールから起動方法までを簡単にまとめました。
近いうちに使い方についても書きたいと思います。

 - ツール , , ,