【illustrator CC】アピアランスの変形効果を使い、対称図形を効率良く作成するには

      2016/08/15


リフレクトツールを使用した図形の反転による対称図形

先日、上のようなリフレクトツールを使用した対称図形の作成方法を投稿しました。図形を反転するにはアピアランスの変形効果を利用する方法もあります。

リフレクトツールと比較して、アピアランスの変形効果を利用するメリットは、効果を簡単に無効化出来るので修正に強い点にあると思います。

今回は、アピアランスの変形効果を利用して上図の様な左右対称の図形を作成してみたいと思います。

illustratorのバージョンは illustrator CC を対象にしています。

アピアランスの変形効果を使用した反転方法

片側の図形を作成し、パスの変形効果で垂直軸にリフレクトして反転させます。

  1. まずは片側の図形を作成し、選択状態にします。
    片側の図形の作成、選択状態

  2. アピアランスパネルのfxボタンより、新規効果⇒パスの変形⇒変形をクリックします。
    新規効果⇒パスの変形⇒変形

  3. 変形効果ダイアログが表示されるので、「垂直軸にリフレクト」のチェックをオン、反転軸を選択、「コピー」のチェックをオンにします。「プレビュー」をオンにして確認し、OKをクリックします。
    変形効果ダイアログ

  4. 反転完了。
    反転した画像

まとめ

私の場合は、後で修正を行いやすいので対称の図形はアピアランスの変形効果を利用する方法で作成する事が多いです。
また、グラフィックスタイルにアピアランスでの反転を登録しておけば反転を簡単に適応出来るので、とても便利です。

 - illustrator , ,